焦りは禁物、マイペースで臨みましょう

うつ病を克服したと思っていても、ちょっとした事がきっかけで再発するリスクはありますから、仕事探しをする時に焦りは禁物です。

しかし経済的な事情で早く仕事を探して収入を得なければいけないという場合は、焦るなという方が無理かもしれません。

仕事探しで焦るのがよくない理由

仕事探しで焦る事が知らず知らずの間にストレスとなり、自分自身を追い込んでしまう事があります。

仮にうつ病を克服しているとしても、ストレスだらけの仕事探しは精神衛生上良くないのは火を見るよりも明らかです。

ひどくなると仕事探しをしようと、求人欄を見たとたん気分が悪くなるとか、うつ病の症状が再発する事もあります。

こういう時はまだ仕事復帰をする時期ではないのかもしれません。

もう一度医師とよく相談してみましょう。

どうしても働かなければいけない場合は、障碍者用の求人を探すという方法もあります。

最初から障碍者を対象に求人を出しているので、うつ病である事を隠す必要もなく、症状に合わせて仕事が選べるから、焦りもなくなります。

求職中に焦燥感に駆られたらどうしたらいい?

仕事をやめてゆっくり治療に専念する事も大切ですが、治療に長い時間がかかると、求職中に焦燥感に駆られる事があります。

しかしここで仕事復帰をするのはベストな選択肢ではありませんし、無理をするとうつ病の症状が悪化してしまうかもしれません。

この場合は症状による違いもありますが、求職中だからといってその原因がうつ病の場合は、仕事をする事で症状が悪化したり、治療の妨げになったりしますので、自分を責めたりしない事、ダメな人間だと思わない事が大切です。

対処法は人による違いもありますが、思い切ってリワークプログラムを受けてみるのもいいかもしれません。

自分が希望すれば医療機関のリワークプログラムを受ける事もできますし、地域障害者職業センターのリワーク支援を受ける事もできます。

一般の求人はうつ病の人には少しハードルが高い傾向があります。

仕事探しにあまり条件をつけすぎず、ますは短期のバイトや労働時間を短くできるパートやバイトでの雇用というのも考えてみてください。

焦ってしまうと仕事探し自体できなくなってしまう可能性もあります。

今は障碍者用の転職支援サービスも増えていますので、最初からこういうところで仕事探しをすれば、自分の状態を承知の上で面接や採用をしてくれるから気が楽です。

求人を見てパニックになるような場合は、少し時間を置く事も大切です。