うつ病によるブランク対処法

うつ病で仕事をやめざるを得ない事は少なくないでしょう。

療養中は仕事を離れてゆっくり過ごすことも治療には役立ちますが、イザ仕事復帰をしようと思った時に、ブランクがある事、面接の時にブランクのことをどう説明すればいいか困ってしまいます。

病気療養中のブランクをどうフォローする?

うつ病の治療には長い時間が必要です。

どのくらいの期間になるかは個人差もあるので、人によって違います。

何年もかかりうつ病を克服しても、仕事探しをする場合は面接がありますので、面接の時に必ずなぜブランクがあったのかを聞かれます。

この時、正直に話す事が必ずしも最善とは行かないのが今の社会の現状です。

中にはうつ病の人を積極的に採用している企業もありますし、社会には自身もうつ病を克服して仕事復帰をした経験を持つ人はいます。

こういう人は共感してくれますが、残念ながら世の中の人全てが共感してくれるとは限りませんし、一部にはうつ病だというだけで毛嫌いする人もいます。

うつ病の事をカミングアウトする場合は、慎重に見極めが必要です、場合によっては仕事探しに不利になります。

残念ながらうつ病をカミングアウトした事で、内定を取り消される事もあります。

ただしあからさまにうつ病だから、うつ病だったからとは言わず、他の理由を言われます。

それでもなんとなく理由はわかってしまうので、ショックを受ける事も少なくありません。

面接での対応について

面接の時は職歴を確認するので、ブランクがあれば当然理由を聞かれます。

この場合も正直に言うのが最善とは限らず、難しいところです。

障碍者求人ならうつ病である事を正直に伝えても、柔軟に対応してもらえますが、通常の求人はそうなるとは限りません。

サポートしてくれる人がいない場合は、どうすべきが悩むところですが、うつ病だった事を隠して入社し、その後再発した場合は、面接時に嘘をついていた事になるので印象は悪くなってしまいます。

正直に話した場合選考に響くかどうかは、採用担当者次第という部分も否めません。

こればかりは瞬時に見極める事が難しいですが、うつ病なのか?と聞かれ、違いますと答えれば嘘になりますが、何も聞かれない場合は病気で療養していましたと詳しく聞かれる事はないでしょう、これなら嘘にはなりませんので、多少の後ろめたさはあってもストレスは少なく済みます。

どんな症状だったのかを聞かれた時だけ答えるなど、それなりの対応は考えておいたほうがいいかもしれません。