リワーク支援施設とは

うつ病の人が仕事探しをする場合に、リワーク支援を利用するのも一つの方法です。

うつ病リワーク支援を受ける事により、仕事探しや仕事復帰へのチャンスも広がります。

リワーク支援施設について

うつ病リワーク支援を行っているのは医療機関か地域障害者職業センターのどちらかです。

リワーク支援を行う施設は医療機関の場合は病院や医療施設、地域障害者職業センターの場合は各都道府県の地域障害者職業センターです。

大きく分けて、医療機関と地域障害者職業センターになりますが、地域によって利用するプログラムや、施設自体の雰囲気は異なります。

どこも同じと考えがちですが、自分の状態に合ったプログラムや、居心地が良い雰囲気の施設を選ぶ事も大切です。

すぐに決めようとせず、いくつかの施設を回ってみて、自分に合っていると思える施設を選ぶようにします。

症状で利用する施設は異なる?

医療機関で行うリワークプログラムは、治療の一環として行われます。

うつ病の治療には認知行動療法を取り入れる事がありますが、医療機関で行リワークプログラムに認知行動療法を取り入れる事もあります。

治療の一環として行うため、本人の希望がないと実施できません。

サポートするのは、あくまでも利用者本人の職場復帰支援です。

全て専門医が対応しますが、治療の一環となるため、有料です。

家族や他の人にもアドバイスが欲しい時は、厚生労働省のこころの耳という、ポータルサイトに相談してみましょう。

地域障害者職業センターは、支援計画を立てそれにそって支援をしていきます。

精神障害者総合雇用支援の一環として行われます。

本人だけでなく、主治医や事業主の同意がないと実施できません。

同意があれば本人と企業の両方を支援します。

支援は無料で受ける事ができます。

症状により利用する施設が異なるかについてですが、地域障害者職業センターでも主治医の助言を求めそれに沿った支援をしますから、強引に進めるようなことはありません。

症状というよりも施設の雰囲気や採用しているプログラムを重視して選ぶので、あとは主治医と相談して決めるのがいいでしょう。

ただし治療が必要な場合は、医療機関のリワークプログラムの方が安心という場合は医療機関でのリワークプログラムを選びましょう。

医療機関も地域障害者職業センターも、場所によって雰囲気は様々ですから、実際に見て比較するのも大切です。

リワークプログラムを利用する場合も、焦りは禁物です。