リワーク支援について

うつ病を克服した人や、現在うつ病の治療をしている人が、仕事復帰をするにあたり不安は大きくなります。

闇雲に求人を探しても、いきなりフルタイムの正社員では荷が重すぎる事があります。

せっかく仕事復帰しても、ストレスが大きくなれば、うつ病が再発したり、症状が悪化したりしますから、仕事探しは慎重さが必要です。

こういう時におすすめなのが、うつ病リワーク支援です。

うつ病リワーク支援とは?

うつ病リワーク支援というのは、継続して施設に通う事で、仕事探しに向けたプログラムに参加する事ができる制度です。

うつ病の治療には長い時間がかかりますし、生活リズムもかなり変わってしまいます。

うつ病リワーク支援では、仕事復帰に向けた生活リズムを取り戻す事、簡単な伝票整理やデスクワークなどの軽作業から始め、徐々に仕事量を増やし、立ち仕事などもできるようプログラムを通じて仕事復帰を目指す事ができます。

また仕事復帰に向けて、考え方、働き方、生活の仕方などをセルフケアを学ぶ事もできます。

認知行動療法を取り入れる事もありますが、仕事復帰に向けての準備ができるプログラムと思っておくとわかりやすいです。

うつ病リワーク支援を利用する場合の手続きは?

うつ病リワーク支援を利用するには、医療機関が行っているリワークプログラムに参加するか、地域障害者職業センターのリワーク支援を受けるかにより手続きは異なります。

医療機関の場合は各医療機関に行き手続きをしますが、有料となります。

一部では自立心医療制度が適用される事がありますが、個人差があります。

手続きの方法は各医療機関で教えてもらえます。

地域障害者職業センターのリワーク支援は、各都道府県の地域障害者職業センターに申し込みをします。

地域障害者職業センターのリワーク支援は無料ですが、交通費や食事代は自分で負担します。

手続きの仕方は各都道府県の地域障害者職業センター窓口で教えてもらえます。

医療機関では治療の一環として行い事が多く、本人が希望している事が条件です。

利用者の職場復帰を支援する事を目的としますし、専門医が対応します。

地域障害者職業センターのリワーク支援は、精神障害者総合雇用支援の一環として行われます。

本人だけでなく、事業主や主治医の同意がないと利用できません。

地域障害者職業センターのリワーク支援は、主治医の助言を受けながら進めますので、無理なことを強要される事もなく安心です。