仕事復帰における面接対策

うつ病を克服していても、イザ社会復帰や仕事復帰をしようと思っても、面接の段階で怖気づいてしまい、不安だけが大きくなってしまう事は少なくないでしょう。

こういう時は誰かが面接の練習や、アドバイスをしてくれると心強いのですが、こういう時はどうしたらいいのでしょうか?

仕事探しの面接について

うつ病を克服していても、仕事探しにおける不安はゼロではないでしょう。

ただでさえ仕事探しの面接は緊張するものですし、緊張してしまい言いたい事が全く言えず後悔するのもよくある事です。

しかしここにうつ病の過去が関係してくると、イメージも違ってくるので、変に思われたらどうしよう、うつ病になった人だからという理由で不採用になったらどうしようと、不安は通常より多くなってしまいます。

こういう時は誰か面接のアドバイスや、面接対策を教えてくれると安心です。

うつ病を克服した人が仕事探しをする場合は、障害者専用の転職支援サービスの利用がおすすめです。

障害者と言われる事に抵抗を持つ人もいるかもしれませんが、うつ病の人も、うつ病を克服した人も利用できます。

登録すると専任の担当者が、その人の状態に合わせて求人を探し紹介してくれます。

紹介された求人に興味が持てたら応募後、面接へと進みます。

障害者専用支援サービスのメリット

障害者専用の転職支援サービスは、面接前のアドバイスや面接対策もサポートしてくれます。

実際に会って面接練習をしてくれるサイトもありますし、面接に関する丁寧なアドバイスをくれるところもあります。

どのような対応をするかは、サイトによる違いもありますが、自力で面接に挑むよりも、アドバイスや対策を取った上で面接に挑めるので、安心です。

とはいえ実際に面接当日は緊張してしまいますが、中には面接に同行するというサポートを行っているサイトもありますので、アドバイスや対策があっても不安な場合は、面接に同行してくれるところを探してみましょう。

こればかりはサイトによって対応や、サポート内容が異なりますので、探す時にチェックしておくと安心です。

ある程度事前に対策を取り、面接の練習ができれば不安も少し解消されます。

アドバイスをもらったら家族に手伝ってもらって、面接の練習をするのもおすすめです。

障害者専用の転職支援サービスに求人を出す場合は、企業もそれを承知で求人を募っているので、うつ病である事や克服した事を隠さずに済むから、気が楽です。