ジョブコーチ制度について

うつ病を克服してからの仕事探しをする場合、一般的な仕事探しのように自力で探すのは難しい部分もあります。

一般的には自分で求人を探し、応募して面接を行い、合格したら採用となりますが、うつ病であった事を告白すると、既に克服していても不利になる事があります。

うつ病に対する理解を示す会社もありますが、残念ながら全てがそうであるとは限りません。

こういう時はジョブコーチ制度を利用してみましょう。

ジョブコーチ制度とは?

ジョブコーチ制度というのは、簡単に言えば障害者の職場適応を専門家がサポートするという制度です。

うつ病の人もサポートを受ける事ができますし、うつ病を克服した人もジョブコーチ制度を利用して仕事探しのサポートを受ける事ができます。

ジョブコーチ制度には種類があって、自分に合ったサポートを選ぶ事ができます。

第1ジョブコーチ・第2ジョブコーチ・配置型ジョブコーチの3種類です。

第1ジョブコーチは、障害者の就職支援を行う、会社や施設に配置されたジョブコーチが、第1の条件に適したサポートを行います。

第2ジョブコーチは、障害者を採用する企業に配置されたジョブコーチが、、、第2の条件に適したサポートをします。

配置型ジョブコーチは、地域障害者職業センターに配置されたジョブコーチが、支援を行います。

・ジョブコーチ制度のメリット

ジョブコーチ制度を利用する事で、仕事探しをする障害者だけでなく、家族や関係者も助言を受ける事ができます。

最初から応募者の状態や、対応できる範囲などを把握した上でサポートを行うので、障害に配慮した対応ができます。

ジョブコーチ制度は、障害者が安心して働けるように専門的なサポートをするので、就労の安定を得る事ができます。

時に家族でも間違ってしまう事があります。

こういう時もジョブコーチが、家族に対し適切な助言をしてくれるので、サポートする家族にとっても知識が増え適切な対応ができるというメリットが生まれます。

うつ病を障害者とみなさず、怠けているなどを誤解されてしまう事もありますが、最初から諸外車を対象としているジョブコーチ制度なら、誤解もありませんし、誤解によるストレスや不安も軽減できます。

ジョブコーチは、健康管理や生活リズムを整えるための支援も行いますので、仕事探し以外にも幅広いサポートが受けられます。

仕事が決まったら、職場にいるジョブコーチが同僚に関わり方を助言してくれるのも心強いサポートになります。