うつ病を克服してからの社会復帰

うつ病は時間がかかっても根気よく治療を続け、自身がうつ病と向き合う事で克服する事ができます。

うつ病の治療中は、治療に専念しなければならない事も多く、仕事を辞めるという選択肢を迫られる事もあります。

またうつ病の原因となる事が、仕事に関係しているケースも多く見られるため、原因を遠ざけるという意味でも仕事をやめて治療に専念する人は少なくありません。

うつ病を克服してからの仕事探復帰について

時間をかけてうつ病を克服すれば、仕事復帰する事を考えるようになります。

仕事復帰ができる状態まで回復していても、今までどおり何もなかったように働ける人はそんなに多くはありません。

ブランクの事や、自分がうつ病を克服した事を話さなければいけないのか?正直に話したら不採用になるのではないか?など不安もたくさんあります。

働くという事は朝起きて身支度を整え職場に行き、日中仕事をし、仕事を終え、夜帰宅するという生活リズムになります。

仕事復帰をするには、こういった仕事に合わせた生活スタイルを取り戻す事も重要です。

働くスタイルについて

うつ病を克服した後の仕事復帰に関して、働くスタイルも考えてみましょう。

うつ病は克服したと思っても、ちょっとした事がきっかけで再発するリスクがあります。

これは克服と再発を繰り返すほど、リスクが高くなる傾向がありますので、無理をしない、自分で自分を追い込まない事も大切です。

仕事復帰をする場合は、すぐに正社員でフルタイムというよりも、パートやアルバイトのようにある程度働く時間を調整できるスタイルから始めます。

毎日ではなく、最初は週に2日や3日でも構いません。

多少家計の事情で働いて収入を得ないといけない人もいますが、できるだけ無理をせず、短時間の仕事からスタートしてみましょう。

慣れてきたらシフトを増やしてもいいし、最初から障害者向けの仕事を選ぶというのもひとつの方法です。

ハローワークには専門部門があって、うつ病を克服し仕事復帰を目指している人の仕事探しをサポートする制度があります。

スタッフに相談しながら、自分に合った仕事探しができますので、自力で仕事探しをするよりも

リスクが少なく済みます。

経済的な余裕があるなら、ボランティアから始めてみるのもおすすめです。

人と接し、人の役に立つというやりがいを実感できるのは大きなメリットですし、仕事復帰への意欲も高まるでしょう。

相談する場所は他にもありますから、焦らずゆっくり進めていきましょう。